fc2ブログ

結婚の自由

前にも記事に書いたのですが、 
男子の皇族の結婚については皇室典範と憲法が矛盾するように思えてならない。 

 皇室典範の第10条では、 
立后及び皇族男子の婚姻は、皇室会議の議を経ることを要する。 
とあるが、 

 憲法第24条の第1項では、 
婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない。 
と規定されている。

 皇后となる場合の結婚と皇族男子の結婚については、 
皇室典範の第10条は憲法に抵触していることにならないだろうか?

抵触しているならば当然憲法が優先するので、 
皇室典範の第10条は無効なのだが、 
これが何故問題視されないのか不思議である。

 なお、この度結婚された眞子さまは皇室典範第10条の対象外である。 
だから憲法第24条の第1項が適用され、誰の承諾もなく自由に結婚できる。 

 小室圭さんやその母親の言動を批判するのは、まあいいとしても、 
結婚すること自体とは切り離すのが筋というものであろう。 

 だから、 
結婚などを認めない、結婚に反対だ、 
なんていう主張は的外れだと思う。 

 どんなに問題がある人間でも、 結婚そのものは祝福してあげるべき。 
 それが憲法の精神であり、 近代以降における自由という概念の本質だ。 

 私は、声を大にして言いたい。
 結婚おめでとう! と。 

 なお、皇族に人権がないなどという主張をする輩が散見されるが、 
調べた限り、それにはなんの法的根拠もない。
 皇族にも当然人権はあると私は考える。


関連記事
SHARE

コメント 0

There are no comments yet.
思想・宗教・伝統・文化